不動産投資と税金

  • 運営会社
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
TOPページ不動産コラム不動産投資と税金
不動産コラム

不動産投資と税金

記事一覧

税金と節税の基礎知識 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識

2015/08/12

このコラムは、不動産投資専門税理士の志賀公斗先生に行ったインタビューをもとに作成しております。特に、多くいただくご質問をもとに、志賀先生にお答えいただきました。   税金の知識を学ぶには?   ——不動産投資に関する税金の知識はどのように学んだらいいでしょうか?    志賀:税金の難しさはその人によって違うんです。サラリーマンであれば税金がいきなり高いというところから節税という話からスタートしますし、サラリーマン大家さんで収入を増やしている人は、節税一辺倒ではなくて、税金を納めることも大事になってくる。ですので、自…

税金と節税の基礎知識 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識を読む

物件の選び方と入居率・修繕 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識

2015/08/10

このコラムは、不動産投資専門税理士の志賀公斗先生に行ったインタビューをもとに作成しております。特に、多くいただくご質問をもとに、志賀先生にお答えいただきました。     これからは、良い物を探す目利きが必要   ——今、不動産がどんどん値上がりしていると思うのですが、これから不動産を買ってもよいものでしょうか? 既に遅いでしょうか?   志賀:あるお客様でマンション一棟、5億5000万円の物件を2014年の3月に購入された方がいらっしゃいました。そしたら半年後の9月に9億円で買い付けがあったと。3億5000万円が…

物件の選び方と入居率・修繕 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識を読む

節税対策と税務調査 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識

2015/05/27

このコラムは、不動産投資専門税理士の志賀公斗先生に行ったインタビューをもとに作成しております。   不動産でお金を稼ぐことと同じぐらい、税金対策は必要   ——不動産投資ではオーナーとして賃貸業に力を入れるだけではなく、節税にも目を向けようと志賀先生は提言していますね。それはなぜですか?   志賀:節税をしなければ、お金が残りにくいからです。たとえば、あるサラリーマン大家さんが不動産投資で500万円の利益を出したとしましょう。給料と合わせれば所得税の最高税率が掛かってしまう場合、税金対策をしなければ、半分が税金で取られてしま…

節税対策と税務調査 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識を読む

不動産相場の変動 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識

2015/04/27

このコラムは、不動産投資専門税理士の志賀公斗先生に行ったインタビューをもとに作成しております。   過熱する不動産投資のブームとは!?   ——現在の不動産投資のブームについて教えて下さい。   志賀:不動産投資についていろいろな議論がありますけれども、不動産投資がブームであるというのは、間違いありません。2014年7月27日発行の日経ヴェリタスでは、賃貸用の不動産を所有して所得を得ている個人は全国で約320万人。日本の個人投資家は1200万人いるそうですから、4人に一人は不動産投資を何らかのカタチで経験したことがあるという…

不動産相場の変動 不動産投資の初心者が知っておきたい税金知識を読む

平成26年度税制改正大綱の4つのポイント

2014/02/13

以下では、平成26年度税制改正大綱の中から、4つのポイントを解説します。 1. 個人増税に関するもの 2. 法人減税に関するもの 3. 不公平感の高い節税テクニックを封じるもの 4. 消費税に関するもの   平成26年度税制改正大綱の4つのポイント   「給与所得者控除の段階的な縮小」 1つ目は、「給与所得者控除の段階的な縮小」です。これは、個人の増税に関することで、現在の法律では、給与所得が1500万円を超える人は、給与所得控除の上限額が245万円となっています。 それが今回の改正大綱では、控除額が減らされることになります。平成28年から給与所得が…

平成26年度税制改正大綱の4つのポイントを読む

気になる今年の「税制改正大綱」の特徴とは?

2014/02/12

皆さん、こんにちは。税理士の志賀公斗です。今回は、2013年末発表された「税制改正大綱」について解説いたします。 そもそも「税制改正大綱」とは、翌年度の税制改正法案を決定するのに先立って、与党や政府が発表する税制改正の原案のことです。通常は毎年12月半ばに発表されます。 この大綱は、政府が国会に提出する税制改正法案のもとになるものであり、税制改正のためのガイドラインのようなものです。税制に関する法案は、通常国会の目玉法案ですから、毎年「税制改正大綱」に注目が集まるのは当然の成り行きなのです。 ちなみに実際に税制が変わるのは、この法案が国会を通った後です。すんなり行けば3月や4月ぐらい…

気になる今年の「税制改正大綱」の特徴とは?を読む

不動産投資と税務 「赤信号皆で渡れば怖くない」は、大きな勘違い

2014/01/09

不動産をお持ちの方であれば、「経費」の使い方には興味があるのではないでしょうか。飲食代は経費になるのか、旅費は経費になるのか、などなど。 実は、巷でまことしやかに語られている節税手法(経費計上)はとても危ういものが多いようです。そこで今回は、不動産投資家によくみられる「勘違い」について、解説したいと思います。   「赤信号皆で渡れば怖くない」は大きな勘違い   不動産関係のセミナーの後には必ずと言っていいほど、お酒が入る大家さん同士の懇親会がよくあります。 そこで確定申告の話が出て、盛り上がることが多いのですが、「どこまでが経費になったか」「何が経費として認…

不動産投資と税務 「赤信号皆で渡れば怖くない」は、大きな勘違いを読む

不動産投資と税務 税務署の取り締まりに大きな変化

2014/01/07

今回は、昨年、巷の不動産投資家を脅かしていた「税務署の動き」についてお話します。 実は2013年春頃から、赤字申告を出している個人事業主に対して、税務署からの「お尋ね」が多発していたことをご存知でしょうか。今回はその背景となった事件と、税務署のスタンスについて解説します。   脱税指南コンサルタント逮捕で税務署の取り締まりに大きな変化   さかのぼること2013年の2月15日、ある経営コンサルタントが、所得税還付の不正請求を指南したして、所得税法違反(脱税)容疑で逮捕されました。   不正還付請求のメカニズムは至って簡単。 架空の副業で赤字を作…

不動産投資と税務 税務署の取り締まりに大きな変化を読む

不動産投資と税務 節税の7割は購入前の準備で決まっている!

2014/01/06

不動産投資家の皆さん、こんにちは。不動産専門税理士の志賀公斗と申します。 これから、不動産投資と税金のことについて、不動産投資家の皆さんに、さまざまなトピックスをご紹介していきたいと思います。   節税の7割は購入前の準備で決まっている!!   具体的な税務論に入る前に、まず簡単に私の自己紹介をいたします。私は平成19年(2007年)4月に、26歳で税理士として独立しました。私が不動産投資の専門税理士として独立した理由は、将来、個人として給料以外に安定して稼げるものは、不動産投資だと考えたからです。   つまり今後は、不動産投資をするサラリーマン…

不動産投資と税務 節税の7割は購入前の準備で決まっている!を読む


不動産投資コラムの最新記事

MENU

おすすめコンテンツ TOP3

No.1
No.2
No.3

無料会員のご案内

  • プレミアム会員ログイン
PAGE TOP